フォレスターハイブリッドの燃費は悪い?ライバル車と比較調査した結果!

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

フォレスター査定はこちら

 

最近はSUV車がかなり市民権を得てきて、街中でも頻繁に見かけるようになりました。

どこにでも行ける力強い走行性と、男心をくすぐるワイルドな風貌のSUV。

一度は乗ってみたいと思っている方も多いのではないでしょうか。

その中でも、2018年にフルモデルチェンジを行った新型フォレスターハイブリッドは、人気車種の1つです。

スバルがグローバル戦略車と位置付けるだけあって、フォレスターハイブリットには様々な魅力が詰まっています。

ハイブリッドで注目されるポイントの1つに『燃費』があります。

ネット上でも、フォレスターハイブリッドの燃費を気にする声は多く、実際はどうなのか、知りたい人も多いのではないかと思います。

今回は、そんなフォレスターハイブリッドの燃費について、様々な角度から検証をしてみたいと思います。

併せて、ライバル車との比較もしていきたいと思います。

<スポンサードリンク>



フォレスターハイブリッドの燃費の比較

フォレスターハイブリッド

https://www.subaru.jp/forester/forester/grade/grade.html#grade4

今回は、フォレスターハイブリット(e-BOXER)の燃費を中心にライバル車と比較していきたいと思います。

フォレスターハイブリッドの燃費

悪い悪いと言われる事の多いフォレスターハイブリッドの燃費。

・カタログ燃費:9.6~18.6km/L

しかし、この燃費は、実は、悪いともいえないんです。

巷の声に反して、フォレスターハイブリッドの燃費は、ライバル車と比べても大きな差はないんです。

ライバル車とのカタログ燃費比較

・フォレスターハイブリッド:9.6~18.6km/L
・エクストレイル:10~16km/L
・CX-5:9~20km/L
・ハリアー:11~17km/L

フォレスターのライバルとなる3車種と燃費について比較しました。

多少の差はありますが、どの車種もかなり近い数値になっていることが分かります。

このデータからも、フォレスターハイブリッドの燃費が、悪いとは言えないんです。

<スポンサードリンク>



フォレスターハイブリッドのエンジン性能とは

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/content/driving/img/e-boxer/kv.jpg

燃費に影響を与える要素の1つがエンジンです。

フォレスターハイブリッドのエンジン性能について、見ていきたいと思います。

フォレスターハイブリッドのエンジンは、2.0L DOHC 直噴+モーター駆動です。

ハイブリッドの実燃費は11.7km/L、燃費達成率は62.9%という数字。

この数値は、2.5Lのガソリン仕様車と比べると低めの数字ですが、ハイブリッド車の中では平均的です。

ちなみにハイブリッド車の代表格のプリウスで約70%、アクアで約60%となっています。

モードによる燃費の違い

e-BOXERのハイブリッドシステムは、静かで低燃費というのが特徴です。

これは、エンジン駆動の発進加速をスムーズにすることで、実現しています。

エンジン駆動をベースにして、モーターを最適に変換させ、街中から高速道路まで様々な状況で軽快な加速をするシステムです。

このシステムの中に、3つのモードがあります。

モードは、市街地モード、郊外モード、高速道路モードの3つです。

実は、このモードによって実燃費も変わってきます。

・市街地モード(WLTC-L):11.2km/L
・郊外モード(WLTC-M):14.2km/L
・高速道路モード(WLTC-H):16.0km/L

高速道路モードが燃費が良く、市街地モードが燃費が悪いことがわかりました。

<スポンサードリンク>



フォレスターハイブリッドのシーン別燃費

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/content/driving/img/2.5engine/kv.jpg

フォレスターハイブリッドは街乗りでも大活躍

SUVの魅力は何と言っても、郊外や険しい道を悠々と力強く走る姿。

しかし、反面、市街地は苦手なイメージを持っている方も多いのではないでしょうか。

やはり、市街地モードでの実燃費の目安は、11.2㎞/Lでした。

これは、3つのモードの中では、最も悪い燃費でした。

しかし、モードの中では、悪い数値であっても、ライバル車と比較してみるとフォレスターハイブリッド車(e-BOXER)は、かなり燃費が良い部類に入るんです。

実燃費(市街地モード)で大体11~12km/Lという数字で、これはライバル車のCX-5とほぼ同じくらいです。

市街地モードの燃費が他のモードより悪いから、フォレスターハイブリッドの燃費が悪いということにはならないんです。

フォレスターハイブリッドとガソリン車の燃費比較

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/content/driving/img/performance/kv.jpg

フォレスターハイブリッドは、他のSUV車と比べても遜色のない燃費性能ということが分かりました。

では、同じフォレスターでもガソリンモデルとハイブリッドではどのような違いがあるのでしょうか。

ここでは、ガソリンモデルとハイブリッドの違いを確認してみましょう。

フォレスターハイブリッド、ガソリンモデルとの比較

燃費に影響する要因の1つに、車体重量があります。

ハイブリッドモデルはガソリンモデルと比較して120kgほど車両重量が重くなっています。

これは、ハイブリッドシステムを搭載している分、車体重量が重くなっているんです。

一般的には、重量が重くなるとその分だけ、燃費は悪くなってしまいます。

重い車体を動かすためには、それだけのパワーが必要になるからです。

しかし、燃費は、ハイブリッドの方がガソリン車よりもいいんです。

ガソリン車の燃費は、14.6㎞/Lに対して、ハイブリッドは、最大で18.6㎞/Lです。

フォレスターハイブリッドの燃費比較まとめ

フォレスターハイブリッドの燃費についてまとめました。

フォレスターハイブリッドの燃費が悪いという噂もありますが、実は、そんなことはないんです。

同じハイブリッドのライバル車と比較してみても、決して燃費が悪いということはありませんでした。

また、同じフォレスターのガソリン車と比べても、ハイブリッド車の方が燃費が優れていました。

この点からも、新型フォレスターハイブリッドは、おすすめの車種と言えます。

<関連記事>

新型フォレスターを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「フォレスターは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

買取価格の大幅UPが期待できるんです!!

査定は無料なので依頼しないと・・・

もったいないです!

フォレスター査定はこちら