フォレスターの値引き額!2018年新型を調査

「下取りは、一括査定サイトに!」

ディーラーでは30万円の下取りが、買取業者では80万円になることもよくあります。

その秘密は、「買取業者同士で、競争してもらう」こと!!

一括査定サイトを使うだけで、最大10社の大手下取り会社が、あなたの車の買取価格を競ってくれるので・・・

買取価格が大幅にUP!!

フォレスター査定はこちら

 

新車を買うときに気になるのが、値引き額ですよね。

値引きを全くせずに買うこともできますが、できればたくさん値引きしてほしいですよね。

少しでも安くお目当ての新車を買いたいと思うのは誰でも同じですが、新型が出たばかりのフォレスターは意外に値引きが渋いのが現実です。

発売開始後は、欲しい人が多いので、値引きをしなくても売れていきますからね。

しかし、少しは、値引きはしてほしいところです。

でも、少しって、いくらぐらいなんでしょうか。

そこで、2018年新型フォレスターの値引き額の実体を調査し、合格点と言える値引き額について解説します。

<スポンサードリンク>



2018年新型フォレスターの値引き額

引用:https://www.subaru.jp/forester/forester/design/exterior.html

初回の値引き額

新型フォレスターを買うとすれば、ディーラーに足を運びます。

そして、見積りをもらいますよね。

その時、値引き額は、基本的には、「少ない」です。

あまりの少なさに、驚愕する方も多いのではないでしょうか。

最初の見積もりでは、値引き額が0円なんてこともあります。

さすがに値引き0円では買う気がうせてしまうので、新型フォレスターの場合でも、5~10万円の値引き額を用意されています。

2回目以降の値引き額

新型フォレスターの平均値引きは車両本体から10万円引きとなっています。

勝負は、ここからいかに多くの値引きを引き出すかにかかっています。

しかし、ディーラーには、値引きマニュアルがあり、そう簡単に大きな値引き額を引き出すことができません。

中には、30万円近い値引きを勝ち取ったツワモノもいるようですが・・・

実際は、新型フォレスターを30万円の値引きで購入することは、ほぼ不可能と言ってよいでしょう。

新型フォレスター値引き額の目安

新型フォレスターの値引き額の目安は、10万円前後です。

もう少し値引きができる可能性はありますが、おすすめはオプションです。

無料でオプションを付けてもらうように交渉するんです。

無料でオプションを付けてもらえば、オプション代を値引きしてもらったことと同じですからね。

<スポンサードリンク>



新型フォレスターをもっと値引きしてもらう交渉術

新型フォレスターは、なかなか値引きが難しい状況でした。

2018年7月に発売したばかりなので、仕方がないですね。

しかし、もっと値引きして欲しい方のために、おすすめの方法があるんです。

オプションを値引きに利用する方法

値引き交渉をして、無料でオプションを付けてもうらう方法がありますが、オプションの数に限りがあります。

何種類も付けたいオプションがある場合に、全部無料で付けてもらうのは、さすがに厳しいですよね。

そんなときに使いたい値引き交渉術です。

オプションには、「メーカーオプション」と「ディーラーオプション」の2通りがあります。

今回の値引き交渉に使えるのは、ディーラーオプションです。

ディーラーオプションは、カタログにあるアクセサリーに該当する装備です。

主に、フロアマットやラゲージマットなどのアクセサリー品です。

たかが、アクセサリーとバカにする事は出来ない値段がします。

例えば、フロアマットだけでも3万円近くし、その他の小物でホイールロックナットが約8千円、ドアバイザーが約2万5千円となっています。

やはり、車用費は、いい値段がします。

その分、交渉すれば、値引き額が大きくなりますよね。

上手く組み合わせて無料で取り付けてもらう交渉をすれば、車両+オプションで15万円程度の値引きも不可能ではないでしょう。

決算月を利用した値引き

雑誌やネット情報で、決算月の3月と9月に新車を購入すると、通常より安く変えるといった内容を見かけることがあります。

全てが安く変えるというわけではないので、鵜呑みにはできないのですが、間違いではありません。

確かに、決算月は、各販売店で通常より販売台数のノルマを多く抱えるので、特別価格の車種や、オプション特典、そして値引き率アップなどを行うのも事実です。

決算月を利用して、大幅値引きをねらいつつ新型フォレスターを購入するには、ポイントがあります。

それが、契約日です。

決算月(3月、9月)の20日を目安に、契約を結ぶようにするんです。

その理由は、「営業マンの心理」と「車の登録時間」が関係します。

ディーラーでは、決算月に登録が完了しなければ、実績にカウントされないので、営業マンも決算月の後半はかなり販売に力を入れます。

後半の目安が、20日になるんです。

月初から、かなり強引な営業を仕掛けてくる営業マンもいるので、そこは我慢をしておきたいところです。

20日までに契約ができるよう営業マンと交渉すると、売りたいという心理があるので、意外な値引き額を引き出す可能性が高まります。

そして、もう1つは、登録作業の時間です。

新車は、ナンバーを付けるために陸運局で登録業務を行いますが、必要書類を揃えて登録申請をする必要があります。

登録が完了する日数が、最短で4日です。

20日に契約をすれば、月末までに余裕を持って登録を待つことができます。

<スポンサードリンク>



ライバル車を利用して値引き交渉

新型フォレスター価格

雑誌などで、競合車の見積もりを取って値引きを引き出す方法が、昔から書かれていますよね。

実際に使ったことがある人も多いのではないでしょうか。

しかし、実際はそれほど有効な手はないことがあるんです。

ライバルメーカーで値下げ交渉

例えば、新型フォレスターのライバル車となるハリアーや、CX-5などを引き合いに出したとしましょう。

「トヨタやマツダでは○○万円値引きしてくれたから、フォレスターも同じように値引きをして!」と持ち掛けることになりますよね。

スバルの営業マンから見ると、「それなら、そちらの車をどうぞ」と心の中で思われてしまうケースがあるんです。

許容範囲を超えた額を持ちかけても、営業マンとしても対応できないこともありますからね。

ライバルディーラーで値下げ交渉

おすすめなのが、ライバル車ではなく、ライバルディーラーを使った値下げ交渉です。

ライバル社の車種では、車自体が違うので、営業所で取り決められた値引き額以上の値引きには、対応できない場合がありました。

しかし、同じメーカーの同じ車種であれば、条件は同じはずですよね。

もし、値引き額に差があれば、営業マンも頑張って値引きしようといういう気持ちになります。

できれば、同じスバルの違う地区のディーラーで見積もりを取っておきましょう。

時間に余裕がある場合は、他県のスバルまで出向き、見積もりを取ってみる方法もあります。

その中で、安い価格を元に交渉すれば、かなりの値下げ額を獲得できる可能性があります。

下取り車を利用した値引き

新型フォレスターを購入する場合、下取り車がある方も多いですよね。

その場合、ディーラーで査定してもらい、下取り車として値引きに含ませて購入する方がほとんどと思います。

しかし、ディーラーで下取りしてもらうより、買取店で車を査定してもらったほうが高くなることが多くあります。

それは、中古車業界のシステムが大きく関わってきます。

スバルで下取り車を買い取った場合、同じスバルの車種であれば、自社の展示場で中古車として販売できます。

その理由から、ある程度高めに下取りしてもらえる可能性はあります。

しかし、スバル以外のメーカーの車を下取り車として査定すると、オークションに流す必要があります。

ディーラーでは、大手買取店に外注をしていることがほとんどで、下取り額は安くなってしまいます。

そこで、違うメーカーの車種を下取りとして考えている場合は、買取店数社で査定をして一番高く買い取ってもらえるところに車を売るのがベストです。

ディーラーから買わずに大幅値引き

新車を購入する場合、ほとんどの方はディーラーに出向いて契約をするはずですよね。

車を買うには、車を売っているディーラーと考えるのは当たり前のことですからね。

しかし、ディーラーでは、新型フォレスターの値引き額が決められています。

そうなると、決められた金額以上の値引き額は、ユーザーに提示されることはありません。

大幅値引きができる裏技

しかし、ある裏技を使えば、大幅値引きが狙えるんです。

それは、修理工場です。

もし町にある自動車修理工場などで好意にしているお店があれば、一度その自動車修理工場に見積もりを依頼してみましょう。

実は、スバルのように営業所が日本に少ないメーカーでは、自動車修理工場に営業マンが出向いて、新車販売の協力を呼び掛けていることがほとんどです。

スバルから新車の販売協力を受けている修理工場からなら、購入することができますよね。

具体的には、好意にしている整備工場に頼み、その整備工場にデモカーとして納入してもらいます。

その後、その車を購入するんです。

この方法であれば、新型フォレスターは、スバルから業販プラスデモカーと言う形で販売されるので、通常ルートとは異なります。

その結果、普通では考えられないような値引き額で車を購入する事ができてしまうんです。

問題は、好意にしている修理工場があるかどうかです。

もし、あれば、チャンスですよね。

知っている修理工場がない場合でも、それとなく相談してみてもいいかも知れませんね。

新型フォレスター値引き額のまとめ

新型車の値引きはフォレスターに限らず渋いのが現状です。

2018年新型フォレスターであれば、車両本体で10万円の値引きが合格点となり、オプション含めて15万円まで引き出せれば最高といえます。

値引き交渉は、しつこいのも営業マンから嫌われるので、上記の値引き額を目標にしっかりと購入意思を示し、ガツガツせずに値引き交渉に臨みましょう。

もちろん、もっと値引きをしてもらいたい方は、おすすめの値引き交渉術を使って大幅値引きを狙うことも可能です。

<関連記事>

新型フォレスターを「50万円」も安く購入する裏技とは?

  • 「フォレスターは…ちょっと高い…」
  • 「頭金のお金が…」
  • 「ボーナス払いもなしでいければ…」
  • 「値引き交渉が苦手だし…」
  • 「ディーラーを回るのは大変…」
  • 「売り込まれそうで心配だ…」
  • 「でも、最安値で手に入れたいし…」

などなど、悩みは尽きませんよね。

そんな、あなたに、ピッタリの裏ワザをご紹介します!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーで30万円だった下取り価格が、

買取業者では「80万円」になることも

多々あります。

その秘密は・・・

業者同士で、競争してもらうこと!!

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競ってくれるので、

買取価格の大幅UPが期待できるんです!!

査定は無料なので依頼しないと・・・

もったいないです!

フォレスター査定はこちら